【DM】ビートダウン型墓地ソース

どーも。

今回は「終わった」どころじゃない「終わってた」デッキの紹介です。

「鮮度」はNGワードです。


 先日、といっても結構前になりますが、WHF近畿大会において、

《ミステリー・キューブ》

《超次元 ホワイトグリーン・ホール》の2枚が殿堂入り、

《蒼狼の始祖 アマテラス》がプレミアム殿堂に加わると発表されましたね。

「キューブ」「白バキ」が弱体化を受けた殿堂施行後の新環境で活躍すると見られているアーキタイプのひとつとして、「墓地ソース」が挙げられます。

そんな訳で、僕の周囲でも墓地ソースの話題はちょくちょくのぼるのですが、その時によく「ハンデス型」「ビートダウン型」の2つに区分けされます。

そのうち、「ハンデス型」のレシピや考察はtwitterなどで目にするのですが、「ビートダウン型」の方はあまり目にしないということで、僕自身が以前使っていた型を公開しようかなと思います。

いかんせん筆不精なものですから、ちょっとでも需要あるかな?と感じたものは記事にしていかないとブログを潰しそうなんです。勘弁してください。これがn度目の正直なんです、本当。

前置きが長くなっちゃいましたが、レシピをば。

3×シンカイタイフーン

4×終末の時計 クロック 

2×アクア・スーパーエメラル 

3×停滞の影タイム・トリッパー 

4×白骨の守護者ホネンビー 

1×盗掘人形モールス 

インフェルノ・サイン 

1×超次元リバイヴ・ホール 

3×爆鏡 ヒビキ 

3×百万超邪 クロスファイア 

3×暴走龍 5000GT 

4×戦略のD・H アツト 

3×熱湯グレンニャー 

4×金属器の精獣カーリ・ガネージャー 

1×疾封怒闘 キューブリック

 

ほい。当時からレシピは変わっちゃってるんですけど、夏の静岡CSで本戦1落ち(32)という戦績でした。

まずコンセプトなんですけど、イメンが出てくるよりも前の環境で、モルトやらハンデスが「ガネさえ出て来なければ」を枕詞のように唱えてたので、だったらガネを全力で立てにいくのはアリなんじゃないかと。

ルーターを並べながら盾を削っていくことで、中盤以降のクロスファイア単騎連打によってかかる負担が大きくなります。

ハンデス型がGTにシナジーを集めたデッキならば、こちらはクロスファイアシナジーを集めた形と捉えたらよいのではないでしょうか。実際、このデッキはいきなりGTGTクロス並べてジャスキル、みたいなことやらないですしね。

 

個別の解説いきます

《金属器の精獣カーリ・ガネージャー》

コンセプト、というとなんか違うような気もしますが、序盤はこれを目指して動きます。

4ターン目に出して殴れば相手を後手に回せます。そして、相手を後手に回した時のクロスファイアは恐ろしく強いです。

《戦略のD・H アツト》

アツトで2枚落としてそのままガネに進化、ガネが倒されると墓地が4なのでホネンビーで呪文が落ちなければそのままクロスファイア、というのは理想の動きのひとつです。

4枚なのは言うまでもない、かな?

《シンカイタイフーン》

ブロッカーなのは大きいですが、逆に殴れないのが枷になるので3。ガネ載せればいいんですけどね。

《熱湯グレンニャー》

墓地を肥やすことはできませんが、派手にドローする割にリソースの維持は苦手なので貴重な存在です。対ハンデスでもハンドを減らさないので積極的にプレイでき、ガネージャーに繋げられる点は他にはないメリットです。

《アクア・スーパーエメラル》

墓地ソースというアーキタイプを握る以上、グレンモルト系列への勝率は維持しなければなりません。

墓地ソースが積極的に殴ってくるデッキ相手に恐れることは、当然ですが「盾をすべて削りきられること」です。それを踏まえると、ブロッカーの存在は大変大きく、《エメラル》と比べてもこちらを優先せざるを得ないのかな、と思います。

《白骨の守護者ホネンビー》

このカードがあるとないとではルーターの使いやすさが数段変わってきます。今更語ることもないでしょう。

あ、ガネ読みで出てきたジェニーにガネと一緒にこいつを見せると相手がだいぶ困って楽しいです。ガネ2枚がベストではあるんだけど。

《盗掘人形モールス》

タダで回収できて打点になる。それだけで弱いはずがないんだけど微妙な枠ではあります。

《超次元リバイヴ・ホール》

ガンヴィかヴォルグか勝利ガイアール。積まないと永遠の処理が難しいのです...。

《百万超邪 クロスファイア

墓地を肥やす意義。

《暴走龍 5000GT》

クロスファイアの方に寄っているとはいえ、必要な場面は多々あります。嵩張るので2にしたいと思ったことは何度もあるのですが、必要な時にないと困るので3から減らせません。

《爆鏡 ヒビキ》

ランデス対象を自分で選べるというのが素晴らしい。

起きてる緑を割って追加のブーストを阻止したり、色を抜いてマナ枚数では足りてる動きをさせなかったり。

ガネに進化できるので、他の置物よりは優先してました。

対キューブバキ用みたいなところもあったので、今はプロメテウスなんかにも対応する《尖神兵ジェットドリル》の方がいいのかも。

《停滞の影タイム・トリッパー》

ガネに乗れないので避けていたんですが、結局入りました。

小型のパンチって意外と通るもので、そのタイミングが1ターン広がるのは単純に強かったです。

《疾封怒闘 キューブリック

長らく抜けていたのですが、永遠やダイハードに対抗する札は多少でも欲しいな、と思いまして。

《終末の時計 クロック》

1ターンもらえるのがこのデッキにとって非常に重要であること。

手札に来てしまっても処理が比較的容易であること。

強力さは皆さんご存じですよね。

インフェルノ・サイン》

トリガーでも手打ちでもやるべきことが果たせます。

《地獄門 デス・ゲート》は?とよく聞かれるんですが、蘇生したいカードを蘇生できないタイミングが生まれるのはとても口惜しいです。

アタッカーが何体いようと《終末の時計 クロック》さえ出せればターンは帰ってくるので、破壊できないことよりも、ケアされてクロックを出しそびれる方が痛いと判断し、《地獄門デス・ゲート》を採用しませんでした。

あとレシピに入っていないカードで、《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》はしばらく使っていました。スレイヤーブロッカーの抑止力は実は意外と大きいものです。

《アクア・メルゲ》はどこかにスペースを見つけて入れたいと思っています。

 

とここまで長く解説してきたんですが、正直新環境に持ち込むべきでないデッキだと思います。

墓地ソースはキューブバキの弱体化とともに、イメン系統との兼ね合いで評価が高まっています。要は、GT先出しが強いってことです。

それならば、《百万超邪 クロスファイア》にシナジーが寄っているこのタイプより、ハンデス型を握る方がより得策だと言えるでしょう。

眠い目をこすりながら書いたので、おかしいところがあったら言ってください。